ビジネス英語を短期間で習得

使用する表現を用意する

ビジネスで英語を書くケースで一番多いのがメールだと思います。 メールでしたら、よく使う表現をあらかじめ用意することでほとんど解決できます。 もし自分で用意することができないなのなら同僚が使っている英文のメールを見せてもらいましょう。 それを使って、よく使う構文を何通りも用意しておきます。 そして、英語でメールを送る時はその構文を使って返信すれば大丈夫です。

ただ、いつも使っている表現以外のことを英文にしなければいけないときもあるでしょう。 そういった場合は、日本語ならどんな表現で書くのかを考えましょう。 そして、その日本語で使った表現をもっと簡単な表現にできないかを考えます。

日本語でメールを送る時は、普段使っている表現を使って返信すればいいのですが、そのような表現を英語にしようとすると難しくてできないということも往々にあります。 従って、小学生にもわかるとても簡単な表現に置き換えることが大切です。 この際、少し幼稚な表現になっても気にしないことです。 英語があまり得意でないのなら、簡単な表現を使って返信することを心がけましょう。

そして、簡単な表現ができるようになって英文を書くのに慣れたら、さらに難しい英文を勉強するといいでしょう。 その際は、教材を使うのが一番。書店に行けば、英語に関する本がたくさん売っています。 書店で手に入る本で勉強してもいいのではないかとお思いの人もいることでしょう。 教材を使うとわかるのですが、誰でもつまずくポイントでは本当に丁寧な解説が書かれています。 教材は本に比べて高価です。 ただ、英語を勉強する時間も含めて考えたとき、料金と時間を合計してどちらが効率がいいのかを考えると答えはおのずと出てくるのではないかと思います。

さらに、簡単な表現にするときのポイントをお教えします。 それは、主語と動詞と語句という形式で表現できないかを考えてください。 詳しくいろいろなことを使えなければいけないときには、上記の主語と動詞と語句という形式の文をいくつも用意するようにしましょう。

最後は、用意した複数の文を接続詞で繋げて意味の通じる英文にしていきましょう。 前回にもお伝えしましたが、接続詞の使い方はあらかじめ勉強しておいてください。 あと、文章を分かりやすくする方法として、箇条書きというものがあります。 箇条書きなら文章にしなくても単語を並べたものでも意味が通じることがあります。

箇条書きで表現できるものは箇条書きを使うようにしましょう。 具体的には、私がこの商品をオススメするポイントは3つあります。 まず最初に、次に、最後にというような形式にして簡潔に使えることで英文を書くという負担を軽減できます。