ビジネス英語を短期間で習得

動詞と接続詞を見つける

ビジネスで使用する英語にはスピーキング・リーディング・ライティング・リスニングに分けられますが、その中でも英文法の知識が一番必要なのが、リーディングです。 従って、ビジネスで必要な英文法を習得するときは、リーディングができるようになることを意識して勉強するようにしましょう。 具体的にはどんなことを意識すればいいのかをお伝えします。

まず、英文中からすぐに主語と動詞を見つけることができるようにするために必要な文法を覚えるようにしましょう。 それには、文章の組み立て方を理解するのがポイントになります。 長文になると1文に複数の動詞が入っていることがあります。 その際、どれが、その長文の主動詞なのかを見極める必要があります。 その見極めに必要なのが文法になります。

第一に動詞を探す。その動詞の前にある語句が主語になる可能性がある。 そして、主語になれるのは名詞だけである。 つまり、名詞とその周りにある語句を分解して、どれが主語としてふさわしいかを考える。 この過程を踏めば、どれが動詞になるのかがわかります。 ここに書いたことは英文法の知識がないと理解できません。 動詞が分かれば、その前に配置された語句は主語になりますので、その長文のだいだいの意味がわかります。

次に、文章と文章を繋げるときに利用する接続詞を理解することです。 一番最初に、どんな接続詞があるのかを確認する。 次に、接続詞とは原則、文章(文章とは主語と動詞からなるもの)を繋げるものであること。 それを理解した上で、どこに接続詞が配置されているかを確認する。 さらに接続詞を理解するときは、接続詞そのものの使い方を日本語の文章の書き方を解説した本で勉強することが大切です。

いくら接続詞の位置や訳し方がわかったところでも、使い方が間違っていては意味がありません。 そういった点でも、日本語の文章の書き方の本を1冊持っているといいでしょう。