ビジネス英語を短期間で習得

単語をはっきり発音

言葉を習得にする時に有効な手段が音読です。 音読をした経験はありますか? 音読はなかなか効果を実感できないため、途中で挫折してしまう人が多いのですが、ビジネスで英語が必要な人は是非今日から音読をしてほしいです。 その理由は、英語を習得するだけでなく、商談の成功率もアップできるからです。

営業をした経験がある人ならわかると思いますが、お客さんと商談する前には、実際に商談しているところを想定したシュミレーションをすると思います。 実は、このシュミレーションをたくさんした人のほうが商談の成功率が高いと言われています。 成功率が高くなる理由の1つとして本番の商談で堂々と交渉できるということです。

堂々と説明されれば、信頼できる人と見られます。仕事を依頼するなら、信頼できる人のほうがいいに決まっています。 もちろん、こちらが一方的に話しているだけでは、商談は成立しません。お客さんに気軽に質問してもらえる状態を作り、その話をじっくり聞くことも大切です。

自信をもって話し、聞き上手になれば、商談はグント成立する確率が高まります。 ここまででお話したシュミレーションは音読することでできます。 音読するときの注意点は、まず、実際に商談で使う英文を音読することです。 次に、音読するときは、1つ1つの単語をはっきりを発音しながら行なうようにしてください。

英語を流ちょうに話すという感覚より、1つ1つの単語の発音に注意しながら音読するほうがいいです。 その理由は、はっきりと発音しながら音読したほうが、英語の表現になれるのが早くなります。 実際に英語を話すときようりもはっきりと発音するようにしてください。 次にに音読する目的はビジネスで成功することですから、音読している英文は何も見なくても口からできるまで繰り返し練習するようにしましょう。

最後に、音読するときは抑揚を付けて発音するようにしましょう。 抑揚を受けるところは、主語、接続詞、あなたがお客さんにもっとも使えないところの3つになります。 この3つを意識するだけでも、相手はあなたの話を聞こうと思ってもらえます。 お客さんがあなたの話を聞こうと思うということは、あなたの商品やサービスを購入してくれる確率がグンと高くなるということです。

日本語に訳さないのがポイント

英語脳のファーストステップは英語を日本語に訳さず理解することです。 そして、「主語+動詞+目的語」が日本語を介さずに英語で考えることができるようになったら商談に必要な英文の練習におすすみください。

次のステップは「主語+動詞+目的語」の英文にいろいろな構文を加えることで、どんどん複雑な英文でも日本語を介さずに話せるようにします。 最初は、「主語+動詞+目的語」に「前置詞+名詞」を付け加えた英文を使いこなせるようにします。 練習の方法は、上記のページと同じです。

例えば My father watch baseball games on TV. を日本語に訳しましょう。
→お父さんはテレビで野球を見ます。

英文を日本語にできたら、目を閉じて、英文を頭の中でイメージしてください。 ここで、なるべく英文を示す内容をアリアリをイメージしてください。 例えば、「お父さんはパジャマ姿でテレビは40インチの大型テレビでテレビの画面ではバッターがホームランを打った状況を映し出している」の状況をイメージします。

イメージには時間を掛けましょう。 時間を掛けてしっかりイメージできるところまでしてください。 今度は、同じ英文を音読します。 このとき、英文を音読しているのと同時にそのイメージも頭に浮かぶまで、音読を繰り返します。

そして、「主語+動詞+目的語+前置詞+名詞」の英文をいろいろ考えて、英語脳を鍛えてください。
例えば、「姉は鞄の中に傘を入れています」「お母さんは毎朝、野菜ジュースを飲んでいます」

次は、「主語+動詞+目的語+前置詞+名詞」に「前置詞+主語+動詞+目的語」を加えた英文を日本語を介さずに理解できるようにします。
例えば、「私がみかんを食べていたとき、妹は自分の部屋で理科の勉強をしていた」を英作します。

英作文ができたら、上記と同じ手順で練習します。 さらに、不定詞と関係代名詞を加えた英文を英語のまま理解できるように練習します。 ここまでできれば、かなりの英語脳を身に付けたことになります。 あとは上記の要領でいろいろな商談で使う英文の練習をしてください。