ビジネス英語を短期間で習得

同僚にお願いするのが一番

前々回から、ビジネスで使う英単語はどうやって覚えればいいのかをお伝えしています。 そのときに、ビジネスの交渉しているときの内容を録音しておき、それを聞きながら、その中で出てきた単語を英語に変換する作業をしましょうと言いました。」ただ、それがとても面倒くさいと思っている人もいることでしょう。

書店で購入できれば、一番簡単なのですが、残念ながら、あなたが行なっているビジネスに特化した内容の本はまず書店では見つからないでしょう。 もちろん、ビジネスでよく使う英文を集めた本は販売されています。 ただ、このような本に書かれた内容は、ビジネスで使うあいさつなどを中心にピックアップしているのが帆とんでしょう。

あなたが、ビジネスで商談するときは、仕事をしているときに使うあいさつよりはもっと突っ込んだ内容のはずです。 それならば、最初から実際に商談で使うような英文をマスターしたほうがいいのではないのでしょうか? それでは、そのような英文はどうやって作ればいいのかといえば、一番簡単な方法が英語が得意な同僚に英文を作ってもらうことです。

それかあなたが外国人と交渉する前に、すでに外国人を交渉をしている同僚があるようでしたら、同僚が英語商談しているときの内容を録音させてもらいましょう。 そうすれば、自分で英文を作成する必要なありません。また、ビジネスで使う英単語が一度にわかります。 あとは、録音させてもらった英文を同僚にノートなどに書き起こししてもらってください。

もちろん、タダでしてもらえないでしょうから、1〜3回程度ご飯を奢ってお願いしてみてください。 少し出費が必要ですが、この方法なら自分で調べる時間が圧倒的に短縮できます。 昔から言いますが、「時は金なり」です」あなたの貴重な時間をお金で買えるなら積極的に実践することが重要です。