ビジネス英語を短期間で習得

苦手な人のための学習法

このサイトでは、中学・高校で英語があまり得意ではなかったのに、会社に入った途端に英語が必要になったビジネスマンを対象にしています。 中学や高校を卒業して、もう英語に触れなくてもいいと思っていたのに、社会人になって会社で働くようになったら外国人とのビジネスの交渉をしなくてはいけなくなった、。「どうすればいいのか?」「折角100倍の難関を突破して就職できたのにいまさらやめるなんてできない」と焦っていても大丈夫です。

まずは、深呼吸をしましょう。落ち着きましたか?まず、あなたは英語のスペシャリストになるために英語をマスターするのではないと最初に意識してください。 とっても重要なことです。英語が苦手なのに、得意な人が実践している学習法をしようとしてしまうことが往々にあります。 何度も言いますが、あなたは英語のスペシャリストになるのではなく、ビジネスの交渉を成功させるために英語が必要だということをしっかり意識してください。

極端なことを言ったら、外国人とビジネス交渉するときに、交渉する外国人が日本語を話すことができるなら、あなたは英語を学習する必要なんかありません。 すごく極端な話をしましたが、学習を始めると目的が英語の習得になってしまうからです。 上手に外国人と会話ができるようになっても、ビジネスで成功しなければ意味はありません。

だったら、必要最小限の英語だけマスターして、そのマスターしたことでどうやってビジネスを成功させるかについて時間を割いたほうがいいです。 日本人だって外国人だって交渉するときのスキルは共通しています。 ビジネスマンなので、交渉でたくさんの仕事をもらえるようにするためのスキルはとても重要です。 そのスキルは、書籍から勉強できます。同時にこのようなスキルもいっしょにマスターするようにしてください。 そして、ビジネスで交渉を成立させるためには、どの程度の英単語・英文を知っていればいいのか?どの程度の難易度の文章が読めればいいのか?に関して考えるようにしましょう。

上記のことを考えるとあることに気づくことでしょう。 それは、それほど難易度の高い英語は必要ないということに気づくはずです。 それがわかれば、希望が湧いてくると思います。 あとは、具体的にどうすればいいのかを考えればいいだけです。 そして、そのマスターした英語でビジネスに成功している自分をイメージ出来るようになれば、もう大丈夫です。 これからどうすればいいのかを一緒に考えていきましょう。

あと、ビジネスで交渉するときは英語でも日本語でも相手に魅力的な提案ができるかどうかがカギになります。 そのため、現在しているビジネスをどうやって相手に魅力的に伝えることができるかも考える必要があります。

そのためにも勉強は大切ですが、目的は仕事に成功することであるということをしっかり認識しておいてください。 なぜこんなことを言うのかといいますと、私は5年もドイツに留学して英語と共に経営を学びました。

尚、留学して学びたいと思っているなら、 中学英文法をやり直して留学したい を読むと参考になります 当サイトも共通しているのですが、現在、英語に自信がなくても留学ができるんだということがわかると思います。 まず、一歩を踏み出せば、なんとかなるということをわかってください。

話は戻りますが、私がドイツ留学から日本に帰国するときは、絶対仕事に成功するという確信がありました。 なぜなら、どんな相手とも自信を持ってコミュニケーションができるようになったからです。 しかも、最先端の経営も海外で勉強したので、それを駆使すれば、すぐに仕事を軌道に乗せることができる自身がありました。

しかし、日本に帰ってきて仕事を始めて実感したこと。 それは、日本で外国人とビジネスの話がスムーズに進めるためには最先端の経営学も流暢に話すことも必要ないということです。

従って、今自信がなくても安心してください。 そして、上記のことを理解しておけば、現在まったく英語を忘れていても1年以内に仕事に必要なことは身に付きます。 あとは、仕事に直結することだけをお伝えしていきますので、期待しておいてください。