ビジネス英語を短期間で習得

苦手な人のための学習法

このサイトでは、中学・高校で英語があまり得意ではなかったのに、会社に入った途端に英語が必要になったビジネスマンを対象にしています。 中学や高校を卒業して、もう英語に触れなくてもいいと思っていたのに、社会人になって会社で働くようになったら外国人とのビジネスの交渉をしなくてはいけなくなった、。「どうすればいいのか?」「折角100倍の難関を突破して就職できたのにいまさらやめるなんてできない」と焦っていても大丈夫です。

まずは、深呼吸をしましょう。落ち着きましたか?まず、あなたは英語のスペシャリストになるために英語をマスターするのではないと最初に意識してください。 とっても重要なことです。英語が苦手なのに、得意な人が実践している学習法をしようとしてしまうことが往々にあります。 何度も言いますが、あなたは英語のスペシャリストになるのではなく、ビジネスの交渉を成功させるために英語が必要だということをしっかり意識してください。

極端なことを言ったら、外国人とビジネス交渉するときに、交渉する外国人が日本語を話すことができるなら、あなたは英語を学習する必要なんかありません。 すごく極端な話をしましたが、学習を始めると目的が英語の習得になってしまうからです。 上手に外国人と会話ができるようになっても、ビジネスで成功しなければ意味はありません。

だったら、必要最小限の英語だけマスターして、そのマスターしたことでどうやってビジネスを成功させるかについて時間を割いたほうがいいです。 日本人だって外国人だって交渉するときのスキルは共通しています。 ビジネスマンなので、交渉でたくさんの仕事をもらえるようにするためのスキルはとても重要です。 そのスキルは、書籍から勉強できます。同時にこのようなスキルもいっしょにマスターするようにしてください。 そして、ビジネスで交渉を成立させるためには、どの程度の英単語・英文を知っていればいいのか?どの程度の難易度の文章が読めればいいのか?に関して考えるようにしましょう。

上記のことを考えるとあることに気づくことでしょう。 それは、それほど難易度の高い英語は必要ないということに気づくはずです。 それがわかれば、希望が湧いてくると思います。 あとは、具体的にどうすればいいのかを考えればいいだけです。 そして、そのマスターした英語でビジネスに成功している自分をイメージ出来るようになれば、もう大丈夫です。 これからどうすればいいのかを一緒に考えていきましょう。

あと、ビジネスで交渉するときは英語でも日本語でも相手に魅力的な提案ができるかどうかがカギになります。 そのため、現在しているビジネスをどうやって相手に魅力的に伝えることができるかも考える必要があります。

そのためにも勉強は大切ですが、目的は仕事に成功することであるということをしっかり認識しておいてください。 なぜこんなことを言うのかといいますと、私は5年もドイツに留学して英語と共に経営を学びました。

話は戻りますが、私がドイツ留学から日本に帰国するときは、絶対仕事に成功するという確信がありました。 なぜなら、どんな相手とも自信を持ってコミュニケーションができるようになったからです。 しかも、最先端の経営も海外で勉強したので、それを駆使すれば、すぐに仕事を軌道に乗せることができる自身がありました。

しかし、日本に帰ってきて仕事を始めて実感したこと。 それは、日本で外国人とビジネスの話がスムーズに進めるためには最先端の経営学も流暢に話すことも必要ないということです。

従って、今自信がなくても安心してください。 そして、上記のことを理解しておけば、現在まったく英語を忘れていても1年以内に仕事に必要なことは身に付きます。 あとは、仕事に直結することだけをお伝えしていきますので、期待しておいてください。

基本動詞を使いこなそう

上では、ビジネス英語を身に付けるためには必要なことだけを効率よく勉強することが重要であるということをお話ししました。 特に基本動詞を使いこなせるようにするとビジネス英語では役立ちます。 基本動詞とは、1つの動詞でいろいろな場面で使うことができる動詞のことです。

具体的にはtake、give、make、have、getなどがあります。 それぞれの基本動詞にはコアとなるイメージを持っています。 そのコアなイメージを理解することでいろいろな場面で使いことができます。 なので、まずは、コアなイメージをしっかり理解するようにしましょう。

ただ、コアなイメージだけを理解してもそれぞれの基本動詞を使いこなすことはできないでしょう。 それは、ビジネスで英語を使うときに、いちいちコアなイメージを連想しながら英語を使うことはできないからです。 なので、コアなイメージと共に実際にどんな場面で使うことができるかを例文でしっかり把握するようにしましょう。 そして、その例文は瞬間に頭に浮かぶぐらい音読するようにしてください。

もし、時間がない人はtake、give、getの3つの動詞の使い方をしっかり勉強するようにしましょう。 take、give、getはビジネス英語では頻出の動詞です。 なので、take、give、getが使いこなせれば、ビジネス英語で困ることはかなり少なくなることでしょう。 特にtakeとgiveは対になっています。
http://xn--3js382akufwtnq5l.com/

このように対になっている動詞を覚えるのもいいです。 そして、実際英語を使うときにどんな動詞を使うか迷ったときは、take、give、getのいずれかを使うようにしましょう。 もちろん、文法的には間違った使い方をすることもあるでしょうが、ビジネス英語で大切なことはまずは自分の言いたいことを相手に伝えることです。

例え、間違った使い方をしていても相手に伝わっていればOKと考えることが重要です。 何度も言っていますが、正しい英語を使うことが目的ではなく、ビジネスがスームーズに進む事が「先決。 そのために英語が必要だから勉強するということを忘れないでください。

あとは、基本動詞と一緒に使うことが多い前置詞も一緒に勉強すれば完璧です。 基本動詞は前置詞と一緒に使うことも多いです。 ただ、「基本動詞+前置詞」の組み合わせはたくさんあるのですべてを覚えるのは効率が悪いです。 そこで、前置詞もコアとなるイメージを理解するのがいいです。 前置詞は位置や場所を表す言葉です。 なので、図を使って位置関係を理解するのがいいです。 図で理解しておけば、イメージしやすいので、実際に動詞を使うときにどの前置詞を使えばいいのかがわかります。

尚、現代のビジネスでは直接会わずにやり取りすることが多いです。 例えば、メールです。 メールで仕事の打ち合わせをすることは多いでしょう。 そんなときにも上で紹介した基本動詞や前置詞は役立ちます。 ビジネスメールでも簡潔に言いたいことを伝えることが重要です。 そんなときに、take、giveなどを使った英文メールを送れば、相手はわかりやすいメールだとあなたのことに対して好印象を持つことでしょう。

このように、take、giveなどを使っていれば、「相手に伝わるメールを書こう」と思わなくても自然によいメールになります。 また、take、give、make、have、getからどれを選んで英文を作ったらいいか自信がないなら、SNSなどを使って短い英文を発信してみましょう。 もし、間違った英文を発信した場合、あなたとつながっている人がアドバイスをくれるはずです。 それを続けることでどんどん英文の精度が上がり、英文を書くことに自信が持てるようになります。